大正銀行

安倍首相の成蹊大学は、三菱グループですか。 三菱が作った学校で、三...大正銀行

決済不能になった震災手形に対し、日本銀行に4億3082万円を特別融資させたが、

決済不能になった震災手形に対し、日本銀行に4億3082万円を特別融資させたが、1926年末、そのうち、2億680万円が未決済であった、 とあります。
なぜ、日銀に特別融資させたのに、未決済がそんなに残っていたのですか。
日銀の融資したお金で決済しなかったのはなぜですか。

1923(大正12)年の関東大震災後の救済措置として、震災被害者が債務者である手形(震災手形)を日本銀行が再割引し、取立てを猶予すると同時に、政府が1億円以内で日本銀行の損失を補償する趣旨の日本銀行震災手形割引損失補償令が公布された。
しかし実際には趣旨から大きく逸脱し、震災と無関係な手形が大規模に混入していた。
例えば震災手形の大口債務者は、鈴木商店・久原商事・高田商会など、被害者というよりも第1次世界大戦から戦後にかけて投機的経営に失敗した企業であり、大口債権者は、これら企業と関係が深かった台湾銀行・朝鮮銀行などであった。
震災手形の支払期日は再度延期され1926年9月末となっていたが、債務者の支払能カは不十分で、多くが支払不能となることが予想された。
この巨額の不良債権の存在は、1926年末現在で震災手形日本銀行再割引分の未決済額として2億680万円にのぼった。

横浜銀行、千葉銀行は規模も大きくメジャーなのに

横浜銀行、千葉銀行は規模も大きくメジャーなのに東京都民銀行はなぜあまり知られていないのでしょうか?学生とかには、とくに・・・。
-----------------------------------------------青森銀行秋田銀行岩手銀行北日本銀行七十七銀行荘内銀行きらやか銀行仙台銀行大東銀行東邦銀行東北銀行福島銀行北海道銀行北都銀行北洋銀行みちのく銀行山形銀行足利銀行神奈川銀行群馬銀行京葉銀行埼玉りそな銀行常陽銀行千葉銀行千葉興業銀行筑波銀行東和銀行東京都民銀行栃木銀行東日本銀行武蔵野銀行八千代銀行横浜銀行愛知銀行大垣共立銀行岐阜銀行静岡銀行静岡中央銀行清水銀行十六銀行スルガ銀行大光銀行第四銀行中京銀行富山銀行富山第一銀行長野銀行名古屋銀行八十二銀行福井銀行福邦銀行北越銀行北國銀行北陸銀行山梨中央銀行池田泉州銀行関西アーバン銀行紀陽銀行近畿大阪銀行京都銀行滋賀銀行第三銀行大正銀行但馬銀行南都銀行百五銀行三重銀行みなと銀行阿波銀行伊予銀行愛媛銀行香川銀行高知銀行西京銀行山陰合同銀行四国銀行島根銀行中国銀行徳島銀行鳥取銀行トマト銀行百十四銀行広島銀行もみじ銀行山口銀行大分銀行沖縄銀行沖縄海邦銀行鹿児島銀行北九州銀行熊本ファミリー銀行佐賀銀行佐賀共栄銀行十八銀行親和銀行筑邦銀行長崎銀行西日本シティ銀行肥後銀行福岡銀行福岡中央銀行豊和銀行南日本銀行宮崎銀行宮崎太陽銀行琉球銀行

東京都民銀行戦後地銀であること東京都及び東京商工会議所の支援にて設立の経緯規模の違い預金量・2兆2982億円(単体)拠点・国内77などwww.tominbank.co.jp/toko/jyoho/gaiyo.htmlちなみに横浜銀行預金量・10兆4382億円(単体)拠点数・604(国内600、海外4)www.boy.co.jp/boy/company/gaiyou.html千葉銀行預金量・9兆984億円拠点数・179(国内174、海外5)www.chibabank.co.jp/company/info/outline/profile/参考程度に、検証して下さい

全然スケールが違います。歴史も浅く店舗数も少なく地味な存在です。>店舗が少ないからではないでしょうか。
少なくとも八王子駅や町田駅などの周辺にはないし。>

支那に出兵してた兵隊さんは給与を軍票もしくは日本系現地銀行券でもらってたんで...

支那に出兵してた兵隊さんは給与を軍票もしくは日本系現地銀行券でもらってたんですか?補足ありがとうございます。
現地で給与もらい田舎の両親に仕送った話を聞きますが軍票を送ったのでしょうか。
それともその場合軍票でないものに替えてもらって仕送ったのでしょうか?

軍用手票は、世間一般的に「軍票」と略称しています。
軍用手票を初めて日本で計画発行したのは日清戦争の時で、その折には軍用切符と呼んでいました。
終始、軍用手票と称したのは大正三年(1914)の日独戦争(青島出兵)からです。
軍票は軍費と財政補填のために本国通貨の代用として戦地においてのみ使用されるもので、軍の作戦行動に付随して、これに必要な物資調達と軍人軍属の給与などの支払い、占領地経営、敵通貨攻撃などの直接使命と間接的には本国通貨制度および財政の利を分担する政府発行の一種の紙幣で、その価値は一般紙幣と差異が無いものですが、法律上の強制通用力が無く、もっぱら軍の威力を基盤として行使されたものでした。
軍票は機密に関するところが多く、通用寿命が短いことや戦地においてのみ使用され一般的に親しみが少ないです。
大東亜戦争の時には軍票本来の使命のほかに占領地における通貨の意図を荷担させるに至り、その形式も著しく変更されて軍用手票の文言を抹消し一般紙幣と同様のものを発行しています。

支那には日本資本が出店および協力開業させた満州中央銀行・横浜正金銀行・中国聯合準備銀行・華興商業銀行・中央儲備銀行・察南銀行などの金融機関が存在していたので、そこで手数料を支払って、日本の正規通貨に換算してもらい、為替などで田舎の御両親に送金しておられたと思います。>軍人の俸給から内地へ送金する方法について申します、
中国大陸ので日本軍が支配している地域の都市には、日本が設立した中国聯合準備銀行、中央儲備銀行といった金融機関の支店があり、そこへ軍票や現地の銀行券を持ち込めば、等価に定められている日本円に替えて、本土への送金が可能でした。
また戦地の後方には、軍事郵便局が設置されるので、兵隊はそこに使わない俸給を預けます。郵便局は郵便物を取り扱うのみでなく貯金や送金事務を担います。
送金事務には為替を使います。
無論オンラインの電信網があるわけではないので、郵便局相互間の帳簿の書き換えで、受け取りと本土での払い出しが行われました。
別のテーマですが、既出の中国国内に日本が設置した銀行券、朝鮮銀行券、そして日本円は円系通貨と称せられ、固定レートで運営されていました。
円系通貨は 日中戦争のうちには、現地民に信用されて重宝されましたが、太平洋戦争で日本の敗色が濃くなるにつれ、価値が低下していき兵隊が外で買えるモノの値段が上がります。>

広島に行ってきました。
かの原爆ドームを見ましたが、めちゃくちゃ小さい。
やはり...

広島に行ってきました。
かの原爆ドームを見ましたが、めちゃくちゃ小さい。
やはり昔の建物はこういうもんでしょうか。

昔の建物は以外と小さいものは確かに多いです。
ただ建物の規模にもよると思います。
東京だったら東京駅や、銀座三越、帝国ホテルなどはそこまで小ささを感じさせません。
地方にある明治大正期の建物は結構小さかったりします。
銀行とか。
原爆ドームは県の物産館だったらしいので、県としては広告塔も兼ねた当時画期的な建物であったかもしれません。
爆心地で奇跡的に全壊を免れたことが素晴らしいのではないでしょうか。

私は、十年ほど前、見て来ました。
元の産業奨励館ですが、現在の建物とは、大きく違います。規模、構造、趣が違います。
しかし、恐ろしい爆弾の象徴として、当時が想像出来る、辛い負の形として迫って来ました。>

我が家は、昔銀行員にこうい言われた経験がありますので教えます。

我が家は、昔銀行員にこうい言われた経験がありますので教えます。
実家は、大正時代から経営をしています。
経営が著しくないときに、息子慶応経済学部出版会社勤務であれば継ぐ時の融資に扱いできると言われた経験があります。
父はその時に、そういう条件であれば、会社を倒産させるとはっきり、名言しました。
ただ、その銀行員が、馬鹿みたいにしつこかったそうです、ここに、名前と、印鑑さえあれば、貸せますよっと・・・・・これが、銀行員ですよ?融資させるのに、息子まで、担保につけるのが、銀行員です。
父はきっぱりその時がくるのであれば、倒産させて、結構ですと、宣言しました。

あっそ。
だから?もしかして、そんな当然の事で銀行が悪いとおもってんのwこれだから低学歴の馬鹿はw人の信用ってものがまるっきりわかってないねw息子がそれなりの人物じゃないと貸さないってのは当然じゃんwオヤジが潰すっていうのもそれは自由でしょ。
息子を連帯保証人にいれると貸すってのはただの条件でしょ。
あっそで終わることを必死に書いてドヤ顔って、もしかして貴方は中卒なの?

古い紙が見つかりました。

古い紙が見つかりました。
割増金附勸業債券と書いてあります。
大正八年ともかいてあります。
これはなんですか?わかる方回答よろしくお願いします。
補足明治四十四年と書いてあるのも出てきました。
ともに十円と書いてあります。
この紙は持っていても価値はないですか?

日本勧業銀行の債券ではないでしょうか。
ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%8B%A7%E6%A5%AD%E...もちろん債券としての価値はありませんが、銀行には資料展示室をもっているところが多いです。
第一勧銀時代もあったとのことですが、合併後はどうなっているかは解りませんが、それに替わるものがあるかも知れませんので、問い合わせをしてみたらどうでしょう。
古い紙幣や債券などを展示しているようなので。
現在のみずほ銀行です。

こちらの事ですね。
www18.ocn.ne.jp/~jmn/others/bond_mortgage_debenture.html
他の回答にもあるとおり「日本勧業銀行」(現在のみずほ銀行の前身の一つ)の発行した債券です。
割増金付きの債券というのは日本勧業銀行にのみ認められたもので、抽選を行い当選番号の債券を持つ者に対しては割増金付きで償還されたものです。
(これが後の宝くじに繋がっていきます)
もちろん現在では債権としての価値はなく、その意味ではただの紙切れです。
コレクター向けとしての古銭的な価値もそれほど高いものではありません。
Yahooオークションに7枚1000円で出品されていたりします。
ただし、歴史的な史料価値はあるものなので捨てたりはしないでくださいね。
手元に残しておく気がないのであれば、みずほ銀行や図書館などに寄贈してさしあげてください。>日本勧業銀行の債権ですね。同銀行は現在のみずほ銀行の前身の一つです。
そしてその債権は現在の宝くじになっていきます。>債券でしたら、有価証券の一種でしょうね。
大正8年が発行年か償還年か分かりませんが、いずれにしても債券であると思います。
債券であれば、発行者、額面、利率、償還年月などが記載されていると思います。
大正8年が償還年であれば、その年に現金化されているでしょう。
額面はいくらでしょうか。おそらく戦前ですので、10円とか100円ではないでしょうか。
1945年に日本は太平洋戦争に負けてしまいましたので、国家も経済も破綻してしまいました。通貨も破綻し、インフレーションが進んで、円の価値は100分の1以下になってしまいました。当然、戦前に発行された債券は紙切れになってしまいました。
割増金附勧業債券も、残念ながら紙切れになってしまったので、忘れ去られていたのでしょう。
<補足>
債券としての価値はゼロですが、骨董品としてはいくらかの価値があるかもしれません。昔のコインを集めているコレクターがいるように、債券のコレクターも存在するかもしれません。
オークションに出してみるのもひとつの手ではないでしょうか。>

戦後に明治節が文化の日、そして天長節が天皇誕生日・昭和の日となりましたが、戦...

戦後に明治節が文化の日、そして天長節が天皇誕生日・昭和の日となりましたが、戦後に大正天皇の誕生日の8月31日になぜ祝日にならないのでしょうか。
明治天皇が公務で初めて海に出た7月20日を海の日にして、後にハッピーマンデーにして、8月11日に山の日を設定して、はっきり言って祝日を作るのもずらすのも、最近は理由が曖昧で経済効果を狙うばかりに支離滅裂な感じがします。
8月31日が、9月1日が全国の多くの学校の始業日と、関東大震災による忌み日前日というのは関係ないと思いますが、どうでしょうか。
大正天皇の名誉を尊重する意味でも、8月31日を祝日にするほうが、他の滅茶苦茶記念日を設定するより、よっぽど理にかなっているように思います。

昔は日本は祝日が少ない国でした。
週休1日制でしたし、振替休日もありませんでした。
銀行ですら土曜日午前中はやってました。
しかし、今や日本は世界に誇る祝日の多い国になってしまいました。
本来、天皇の誕生日を○○節でお休みにすると、152日の祝日がで来てしまいます。
(全員の崩御の日を知っているわけでは無いので理論上の話です。
)そうなると、休みばっかりになるので「春季皇霊祭(春分の日)と秋季皇霊祭(秋分の日)で歴代天皇や主たる皇族の忌日を春と秋に纏め奉祀した」わけです。
大正時代は当然天長節の日が変わり、8月31日が祝日でした。
太陰暦から太陽暦に変わったり法律改正が必要なので、すぐに天長節が変えらるかどうかは難しかったようです。
近代現代では明治・大正・昭和・今上の四天皇が在位されているわけですが、明治天王については「名君」ということ(政治的狙いもあったと拝察されますが)で昭和2年に明治節として復活しています。
昭和天皇の時代になり戦後になると天長節自体が無くなり、天皇誕生日と呼ばれるようになったわけです。
憲法記念日が5月3日、こどもの日が5月5日でゴールデンウィークの誕生となるわけです。
昭和天皇誕生日を祝日をすることには左翼的勢力からの反対も予想されたので、5月1日のメーデーも祝日にするという案を与党は持っていたのですが、野党から「メーデー参加者が激減する!!」という理由でNGになったそうです。
本来の意味から言えば、文化の日と昭和の日を廃止するのが筋だとおもいます。
個人的にはハッピーマンデーも納得できて無くて、成人の日(小正月)、体育の日(東京オリンピック開催日)は少なくとも固定に戻すべきでは無いかと思っています。
山の日を8月31日にすることについては、天長節との絡みもあるので複雑ですが、何の意味も無い日にするよりは、8月31日が良いと思います。

歴代天皇の誕生日を全て祝日にしたら、一年の3分の1がなってしまいます
これからも代替わりごとにどんどん増えて行きます
なので、在位中の天皇以外は、特に理由のある場合だけ、祝日とするということでしょう
明治天皇は日本が近代化を成し遂げた時代の天皇
昭和天皇は日本が戦争による破滅と復興を経験した時代の天皇
二人とも指導者ではありませんが、同時代の日本人の意識の中にはその存在は大きなものでした
なので「特別に」残してあるのではないでしょうか
今上天皇の誕生日も代替わりしてもなんらかの名目で残しそうな気はしますけどね>

1920年代の30円は、今に換算するとどのくらいの金額ですか?

1920年代の30円は、今に換算するとどのくらいの金額ですか?1924年に、渋谷のハチ公(子犬)を30円で東大教授(ハチの飼い主だった人)が購入したと読んだのですが、当時の30円は今ですといくらくらいに相当しますか?補足じゅ、じゅうご億・・・ですか!?

大正10年(1921)頃の物価白米10kg=2円05銭(3000円)大卒初任給=50円(197400円)銀行員初任給=50円(20万円)巡査初任給=45円(214000円、大卒)小学校教員初任給=40~55円(241000円、大卒)カッコ内は2010年度のおおよその金額米でみれば1円は約1500円、人件費で見れば1円は約4000円その他で国鉄初乗運賃=5銭(一区間140円)かけそば1杯=8銭(300円)うな重並=40銭(1600円)並寿司=15銭(1000円)映画館入場料=30銭(1800円)帝国ホテル1泊2人部屋=14円(スタンダード2人47355円)コーヒー1杯=10銭(1926年)(350円)ビール大瓶1本=42銭(1926年)(350円)このように比較するものによって大きな誤差が生じます。
また物価も変動していますので正確な数字は求めにくいようです。
よって1円は4~6000円程度とするならば、30円は12~18万円前後の間ということになります。

・3食付き下宿が月15円
・並等酒が1升1円20銭(ちなみに上等酒はその倍)ですから、1升5000円くらいと計算して125000円。
・巡査の初任給が45円、小学校教員の初任給が40-55円
当時の1円=今の5000円前後ですかね。>1円を5000円と換算して15万くらい。すいません。0が多すぎました。>

安倍首相の成蹊大学は、三菱グループですか。

安倍首相の成蹊大学は、三菱グループですか。
三菱が作った学校で、三菱グループと関係が深い学校なのですか。
卒業生は、三菱関連に行く人が多いのですか?安田善次郎氏が保善高校を作ったような感じでしょうか。
大蔵喜八郎という人は、大蔵商業や関西大倉などを作っていますね。

成蹊大学■概観 ◎大学全体明治~大正期の教育者・中村春二が、高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)時代からの友人である三菱財閥4代目総師・岩崎小弥太と今村銀行(後に第一銀行と合併、第一勧業銀行を経て、現在はみずほ銀行が承継)頭取・今村繁三の協力を得て創設した私塾「成蹊園」が母体となっており、その後成蹊実務学校、旧制成蹊高等学校を経て1949年(昭和24年)に新制大学となる。
第二次世界大戦前は三菱財閥との繋がりが非常に強く、運営費用の大部分は三菱からの寄付で賄われていた。
また1917年(大正6年)開設の成蹊実業専門学校は三菱合資会社の要請によるものであり、実業界、特に三菱での中核となる人材の育成を目的としていた。
戦後は小弥太の死や財閥解体を経て繋がりは弱まったものの、現在でも理事長以下、理事に三菱グループ各社の役員が名を連ねており、三菱グループが大学の経営に深く関わっている。
成蹊学園初代理事長・岩崎小弥太以来、三菱金曜会のトップが成蹊学園理事長を勤めており、現理事長には東京三菱銀行元取締役会長の岸暁に代わり、三菱重工業取締役会長の佃和夫が就任している。
卒業生には安倍晋三(第90・96代内閣総理大臣)がいる。
また、石田衣良・井上荒野・桐野夏生・小池真理子の4人の直木賞作家や、そのほか2人の芥川賞作家を輩出している。
歴史的に財界との関わりが深く、小林いずみ(メリルリンチ日本証券元社長・世界銀行グループ多国間投資保証機関長官)、草間高志(みずほ証券会長)、三田敏雄(中部電力社長)、吉永泰之(富士重工業社長)、菊地史朗(アサヒ飲料社長)、白山進(西武鉄道社長)、古川紘一(森永乳業社長)、相賀昌宏(小学館社長)など多くの財界人を輩出している。
就職状況は伝統的に良好であり、メディアでも度々取り上げられる。
例えば「企業就職力」は、主要56大学中12位にランキングされた(読売ウィークリー・2008年2月17日号より)。
金融・保険業へ3割が就職し、卒業生の6~7割が大企業へ就職している(成蹊大学キャリア支援センター・就職状況より)。
良家の子弟が多いとされる(大学では一部の学生に限られる)が、開塾当初は「俊才でありながら貧窮家庭である者」を塾生に選び、支援する事を理念としていた。
その教育が評判となるにつれ、名家からの入塾希望も相次ぐようになったという経緯がある。
◎成蹊と三菱の関係成蹊学園初代理事長・岩崎小弥太以来、三菱金曜会のトップが成蹊学園の理事長を務めている。
創立者中村春二は三菱と直接関係はないが、中村春二を支援し、成蹊学園創立に賛助員として尽力し、約24年間成蹊学園の理事長を務めたのが三菱財閥4代目総帥の岩崎小弥太であるため、三菱との関係が生まれた。
ただし、三菱グループに所属しているわけではない。
岩崎小弥太の支援は、資金だけではなく社会への橋渡しもあった。
三菱は多くの成蹊卒業生を積極的に受け入れ、卒業生は三菱財閥の発展に寄与した。
中村春二にあてた書状に「本年度卒業生採用の件、ほぼ決定の運びと相成り候ところ…その中の一、二名は三菱以外の会社にて採用する方が学校の将来の為に良からんと判断、郵便会社に一名、横浜正金銀行に一名採用の交渉致すことと致し候…」とある。
岩崎小弥太は、現在のキャンパスである吉祥寺に約1万坪の農園「岩崎農園」や「清風荘」という数奇屋づくりの別荘を所有していたため、この農園に隣接した約8万坪の広大な土地を購入し、1938年に成蹊学園に寄贈した。
8万坪は現在の成蹊学園のキャンパスと同等の広さのため、今の広大なキャンパスがあるのは岩崎小弥太の尽力が大きいことがわかる。
1939年、敷地の西側に岩崎小弥太元理事長の鎌倉の別荘の正門が移築され、この門は成蹊学園内に現存している。
1943年、当時の学園理事長だった岩崎小弥太は、岩崎家のゴルフ場であった元箱根の土地6.3万坪を成蹊学園に寄贈し、現在は成蹊学園箱根寮となっている。
1944年6月、トラスコン(当時の屋内運動場)内に「三菱電機成蹊工場」が開設し、勤労動員された旧制高校の生徒達は授業を半ばに深夜までレシーバーの組立て作業に汗を流した。
現在は、内装を一新し、カフェテリアやコンビニ等がある憩いの場に用途を変え、「トラスコンガーデン」として現存している。
2007年4月から、成蹊大学・成蹊高校の留学制度を利用して海外に留学する学生の中から、成績が優秀であり、高い留学成果を期待できる派遣留学生を対象とした「成蹊学園三菱留学生奨学金」を導入している。

-大正銀行

© 2020 ビットコインで億り人になったけど質問ある?