お金を借りる事が平気に出来るようになりました

私の両親は他人からお金を借りる事を嫌い、お金がピンチに陥った時でも、誰にもお金を借りずにピンチを乗り越えて来ました。
そんな両親は私にも、耳に胼胝ができるくらい他人から借金をするなと言い続けました。
私はそんな両親の教えに従い、お金に困ったとしても、誰にもお金は借りまいと心に誓ったのです。
そんな私も学校を卒業して就職をして、一人で生活をするようになりました。
親と一緒に暮らしていた頃は、親のお金で生活をしていて、しかも親がお金の管理をしていましたから、
お金に困るようなことはありませんでした。

ですが一人暮らしを始めてからは、自分の生活費は自分で稼ぎ、お金の管理も自分でしなくてはならなくなってしまいましたから、
これまでとは勝手が違い、戸惑う事が多くなったのです。
毎月無駄遣いしてはいけない頭ではわかっているものの、お給料が入る時が大きくなってしまい、ついつい無駄遣いをしてしまいました。
その所為で次の給料日までに、お金が無くなる様になってしまったのです。
初めの内は貯えがあったので、それを切り崩して何とかなって居ましたが、そんな貯えも長くは持ちませんでした。

ついに貯えも底をつき、にっちもさっちも行かないようになってしまったのです。
私に他人からお金を借りるなと言い続けて来た両親からお金を借りる訳にも行かず、どうにも困ってしまったのです。

そこで私は両親の教えを破り、お金を借りる事にしました。
身近にお金を貸してくれるような人がいなかったので、消費者金融からお金を借りる事にしました。
親の教えを破り、初めて借金をする事になり、私の心の中は罪悪感でいっぱいになったのです。
どきどきしながらも無事消費者金融からお金を借りる事が出来、何とか窮地を脱する事が出来ました。
給料日前にお金が無くなるピンチはこの後も続き、私はその度に消費者金融からお金を借り続けたのです。

そしていつの間にか私は、お金を借りる事が平気に出来るようになっていました。
両親の教えを破って申し訳ないと言う気持ちもありますが、親は親自分は自分と割り切り、
これからもお金に困ったら借金をしようと考えています。


お金を守って挑戦し続けよう。

お金。みんなが欲しくて欲しくて、もらって嬉しいお金。お金といえば、いわゆる紙幣を思い出すと思いますが、
人間の誕生から考えれば、今のお金というツールができてからは、わずかな時間しか経過していません。大きく経済ということになりますが、
今や世界中の秩序や安全保障とも大きな関わりがあります。

個人レベルでは、お金を減らさないリスクコントロールが必要です。昨今はデフレが続いていますが、
運用しないということも目減りの原因ともなり、リスクと言えます。

そして減らさないためには、その事象が起きたときに多額となる事柄に対しての備えです。
地震、噴火、津波や風水害などの自然災害や火災、自動車での人身、物損などの事故や、他人への賠償が発生する場合には、
貯めておいても足りない金額が必要となるので、これは、適切な保険で準備しておいたほうがいいでしょう。

次に、自分の病気やケガですが、程度の差はありますが、場合によっては、貯めてあるお金で済ませることができると言えます。
もちろん自分のライフスタイルや、なりやすい事象があるかと思います。
例えば、家系的なガンのリスクや、住んでいる場所による自然災害のリスクなど。
これらを総合的に考えて、なりやすい事象に対して準備をしておくことですね。

マイナス金利の今では、なかなか簡単には増やすことができないので、まずは減らさないことから。
運用で増やすことが恐い場合には、新しいことに挑戦することです。
なんでもいいと思いますが、特に苦手なことに挑戦することで、自分に対しての貴重な気づきを与えてくれます。
それはやがてお金を生むようになるとは思いますが、挑戦はし続けてください。

誰でもできるようなことを、誰でもできないくらいマメにやったり、常人でもできないくらい続けるなどが成功者に見られます。
日本だけでなく、世界中が混沌とし、世知辛い世の中になり、経済成長にも期待が持てませんが、一人一人挑戦し続けていって欲しいと思います。


お金を節約し子供の大学は現金でいかせました

2人の子供が生まれたとき学資保険に入りました。18歳になったときにそれぞれ200万円づつ満期金として受け取れる保険です。

夫婦で高卒なのでそれで十分だと思っていました。
しかし大卒のママ友からは全然足りないと聞き赤ちゃんのころから将来の大学資金を貯めようと心に決めました。

どうしても大学には進学してほしかったからです。
万が一、県外の私立大学に進学した場合の学費と生活費を計算したら一人当たり1千万はかかると試算しました。
二人合わせて月々10万円は貯金しなければなりません。夫婦で正社員でしたのでボーナスはまるごと貯金しました。
家族旅行なども一切行っていません。

そのかわり、お金のかからない遊び方を工夫しました。海や川、田舎ですのでたくさんの遊び場があります。キャンプも行きましたね。
小さいころから物は買いませんでした。お古をいただき、本は図書館で借ります。
年頃になってブランドものに興味がでたらオークションでゲットしたりしています。
友人がきてもジュースなどは出さず、麦茶で我慢。でも必ず私の手作りのお菓子をふるいました。
とても好評でしたね。なるべくお金をかけずに楽しくすごく節約をモットーにしています。

でも汚く見られるのは嫌なので散髪は頻繁に行かせています。それでも1000円カットのお店を利用したりして工夫はしています。
私はカットモデルをして無料で髪を切っています。外食もほとんどしません。庭でBBQをしたりしてお金のかからない楽しみ方をしています。
弁当は毎日手作りです。結婚していらい欠かしたことはありません。
食費も1週間に1万円と決めて日曜日にまとめ買いします。それでなんとか過ごすことができます。
あまり食費を削ると健康ではなくなり医療費がかかるという失敗もしたので食費は気にしていません。

光熱費も夏は緑のカーテンをしゴーヤを育てたり、冬はエアコンを使わずこたつで過ごしています。
湯たんぽを利用して電気代を節約しています。これで子供二人現金で大学に行かせましたよ。


成年者WEB上を使用する状況ではダイヤルQ2においてはしっかりとしよう。

最近では、インターネット上の普遍化それによって、心から利用しやすい現代でした。手放せない通信をインターネットを介してものにすることが叶いますし、お好きな映像だけじゃなくBGM、映像周辺をダウンロードやってみるのもOKと罹患しました。インターネットを使って大人気が見られるという考え方が成年者WEB上と考えられます。インターネット上場合に横行する現在までになりますが映像テープ企業はたまた本屋さんと捉えてアダルトビデオのみならず情欲的読物を手にしていたのに、この頃ではホームページ経由でホイホイ参照することが叶います。検索エンジンにて成人中身をサーチすればかなりのネットサイトために出くわします。しかしながら、楽をしておとなページを観光することが適うはめになり芽を出したという意識が、おとなWEB上に根差している嘘っぱち不適切です。通常より説得力とある辺りにという部分は妨害が付き物です。甘い言葉と思って手際よく誘い、欺かれることんだけれど軽くお待ちしています。インターネットを通じてに限ったことではなく、多方面にわたるトラブルんだが続々と出現してるのです。あれほどのもめごとの一種にダイヤルQ2としては有無を言わさず接続やっちゃうめんどうなことなのです。アダルトホームページ上を参照中心点、ダイヤルQ2ともなると協働使えると思いますとのことですから、際立つコール金額が生まれる仕掛けであるに違いありません。従って、気づかずともなると無理なく経由しておけば月々の利用料のリクエスト場合に唐突に何十万円なんていうことも軽くあり得るのです。アダルト販売サイトとすれば接合する際にはマッチするプロバイダーにおいては共鳴行なっているのか、また、そのウェブの消費協定案をはるかに予見するでしたかを行なって、セーフティにアダルトwebを楽しんでください。


情報整理力をつける

現代社会は情報社会です。溢れるばかりの情報量です。それらのすべてを自分の中で受け入れようとすれば、とてもじゃないですがすぐに容量オーバーになってしまいます。しかし、自分にとって必要な情報は確実に欲しいものなのです。
 記憶力アップの手段は、実はこの情報整理力にもつながっていくのです。つまり、「自分にとって何が必要で、何が必要でないか」その、情報に対しての判断をする能力こそが、必要事項に対しての記憶力アップにつながっていくのです。
 これは、引き出しの中の整理術にも似ています。何でもかんでも引き出しの中に入れ込んでいくと、棄てていないのですから、モノはあることは確かなのでしょうが、必要な時にすぐに取り出せません。しかし、不必要なものは棄てて、整理して引き出しに入れておけば、それほどモノが詰まっていなくても、すぐに取り出すことができます。
 記憶力がいいということはまさにこのことなのです。つまり、情報を如何に記憶の引き出しから引き出しやすくしているかどうかということなのです。ですから、記憶力がいいということは、モノが多く詰まっていることではなく、きちんと整理されているということなのです。


集中力を高めていく

意識を集中させることで、人間の記憶力はアップしていきます。それでは、集中力をアップさせていく方法としては、具体的にはどのようなことをしていけばいいのでしょうか。
 意識を集中させるには、脳の中にあるさまざまな情報の中から、一点だけを抽出して、そのことに集中を向けることで、他のことを無意識にしていくという訓練です。今、取り組もうとしていることがあれば、それ以外のことは考えないで脳全体を無意識にしていくことなのです。これを、コンセントレーショントレーニング(集中訓練)といいます。
 なぜ、脳を無意識状態にするといいのかというと、その状態がもっとも脳の学習能力が高いからなのです。その中から、一点に集中していく意識が作り上げられていきます。これが、やがて無意識にできるようになっていくと、自然に記憶力がアップしていくのです。
 もちろん、いきなりその域に達するのは難しいでしょうから、最初は意識しながら一点に集中するようにして、それを徐々に自然な形にするようにしていくのです。無意識の集中、というのはこういう状態です。トーナメントで優勝を決めたプロゴルファーが最後のパットでは、観客の声も耳に届かなかったというのと同じ状態ともいえます。


借り入れシステムに注目

やっぱりキャッシング会社を選ぶんだったら、その会社の借り入れのシステムに注目すべきなんですよ。
金利とかばかりを気にしている人がいますが、借り入れのシステムが不便だといくら金利が低くてもあまり便利とは言えないんです。
だってキャッシングはお金を借り入れなければ何も始まらないのに、借り入れる前から返済のことを気にしていてどうするんですか。
現在手元にない現金があっという間に手に入る、まるで錬金術のようなキャッシングサービスの真価は借り入れのシステムにあるんです。
というかですね、借り入れのシステム環境が整っている会社だったら、その他の部分も便利なんです。
ですから、キャッシング会社を選ぶ際には、各会社の借り入れのシステムについて比較検討しましょう。

さて、借り入れのシステムと言っても、具体的にはどういったシステムが便利なシステムといえるのでしょうか。
はっきり言いますが、今時コンビニATMで借り入れができるなんていうのはもうすでに当たり前の時代です。
そのため、ATM以外でも便利である点を持つキャッシング会社にしなければなりません。

最近の一番便利な借り入れは、インターネットによる振込キャッシングです。
各キャッシング会社の提携先の銀行口座に、簡単なインターネット操作をするだけですぐに振込キャッシングが可能な会社あるのです。
そういった会社でしたら、自宅に居ながらスマートフォンで簡単な操作をするだけで、銀行口座に振り込むことが可能です。
この振込キャッシングが利用できるのは大手キャッシング会社のプロミスやアコムです。
どちらの会社もすでに知られ尽くされている会社かもしれませんが、やはり振込キャッシングが利用できるというだけでも便利です。

借り入れのシステムが整っているだけあって、アコムとプロミスは申し込みや返済のシステムもきちんと整っています。
便利なキャッシングをお探しでしたら、やはり借り入れシステムがきちんとしているアコムやプロミスを選びましょう。


金貸しの日本史というものを調べてみたのだけれど

金貸しといえば、銀行や消費者金融、信販会社などが挙げられるかと思いますが、そんな金貸しさんは、人類最古の職業なのだと言われています。

金貸しと同じような人類最古の職業といえば、売春婦も挙げられますね。
といっても、別にエッチな話がしたいというわけではありません。

おれが話したいのは、あくまで金貸しについてです。
さて、金貸しという職業は、人類最古の職業だと言われているものの、金貸しの老舗というものは存在していません。
たとえば、有名な消費者金融(金貸し)として、CMでも有名な大手消費者金融であるアコムが挙げられますが、アコムの設立された年は1978年です。
アコムはときどき、消費者金融の老舗と言われているものの、その年齢はたかだか30年~40年程度、高齢者から言わせれば、青年に毛の生えたような程度の若僧ですよね。

でも、料亭や和菓子屋さんには、江戸時代から続いているなんていうお店もあるくらいなので、そんな200年近く続いているお店と比較すれば、アコムはまだまだ老舗とは言えません。

実は、金貸しは、必要な職種であるけれど、戦争や大きな制度改革に弱いという弱点があるんです。
戦争があれば、死んだ人は貸したお金を返してくれることはありませんし、制度の改革があれば、金利変更、あるいは貸したお金を支払わないで良いというようなルールの変更によって、金貸しは大打撃を受けます。

そんな金貸しですが、老舗はないけれど、形を変えて時代ごとに生き延びているようです。
このようなことを、最近キャッシング情報サイトを利用して、借り入れ先を選んだときに急に興味が湧いて調べ倒しました。
金貸しの歴史も奥が深いですね。


お金の使い方も考えるべき

お金を稼ぐことに一生懸命な人に意外と多いのが、
お金の使い方が幼稚な人が多いということ。

いわゆる成金と呼ばれる人たちに多いことなのですが、
金に物を言わせてバンバン無駄遣いしている人が多いように思う。

勿論、自分で稼いだお金なのでそこに文句を言う筋合いはないのだが、でももったいないな〜と思うことが結構ある。こんなのネットで買えばすごく安く買えるのになんでわざわざデパートで定価で買ってるんだろう…とか。

成金の人って、稼ぐことに対してはものすごくシビアなのに、使うことに対してはすごくおおらかというか何も考えずに適当な人が多いように思う。それが勝者の証なのかどうかはよくわからんが、庶民から見ると本当にもったいないな〜と思ってしまうのです。

えー?ここケチるのにここは定価で買っちゃうの?
ってことに何回も遭遇しています。

まー、その普通とは違う感覚が大金を稼ぐことに長けている原点なのかもしれませんが…。

私も昔は高級な洋服=カッコいいというイメージを持っていて、
高級なものを持っていることがカッコいいと思っていました。

でも細菌気付いたんですよね。
カッコいい=値段ではなく、自分に似合っているかどうかということに。
安くて自分に似合っているものを見付けることが出来た時はすごく嬉しくなります。
たったそれだけの意識の違いで貯金も出来るようになりました。
そう考えるとお金の使い方がすごく幼稚だったんだなと思えます。

お金を稼ぐことと同時に学ばなければいけないのはお金の使い方です。
そのバランスが取れない限りいつまで経っても本当にお金持ちになることは出来ないのだと思います。成金が悪いということではないのですが、お金の使い方にはお金を持っている時も慎重にならないといけないということなのだと思います。

この前、お笑いのHさんが某テレビ番組でバンバン買い物をしているのを見て、正直バカだなーと思ってしまいました。。あんな風なお金の使い方はしたくないですね。


今こそ為替で稼ぐとき?

円安が日々更新されていますね。 毎週何年振り!みたいに円安が更新され続けています。

海外に日本製品を売るという意味では良いことなのかもしれませんが、日本全体で見ると如何なものなんでしょうね…。これによりかなり苦境に追い込まれている企業もあることと思います。

なぜなら、緩やかにではなくものすごく急激に円相場が動いていますからね。

それに、動いているのは何も円対ドルだけではありません。 円が安くなっているということは、それに対する他の国の為替も急激に動いているということになります。

FXというとなんだか胡散臭く聞こえてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、今は為替相場がものすごく動いている時期なので為替で一儲けするのも悪くないかもしれません。いや、悪くないというより、むしろ今がチャンスと言うべきなのではないでしょうか。

経済評論家などは120円までは円が下がるとずっと言っていますから、今ドルを買っても全然儲けることが出来ると思います。それに、予想以上に円安が進んでいるので、もしかしたら130円、140円となってしまう可能性もあるかもしれません。

そうなったら為替どころか日本経済がどうなってしまうのか心配ではありますが…。

とにかく、為替が激動している今、ここに注目することはアリだと思います。 ただ単に円を銀行に預けているのはもったいないと思います。 そのうちの少しでも為替で資産運用してみては如何でしょうか。

ただ、FXとなるとレバレッジと言って投資金額の1000倍とかで取引が出来たりしますので、そこで失敗してしまうとかなりの痛手を負ってしまいます。手堅く行うにはやはりFXではなく、通常の為替取引で行うことをお勧めします。